世界一のハナガカシ [詳細案内] | 一般社団法人 日向市観光協会  
観光地一覧へ戻る

世界一のハナガカシ

この木は、地元の人たちには、材が赤みを帯びているところから「アカガシ」と呼ばれていますが、学術的には「ハナガカシ」というブナ科の仲間です。

この「ハナガカシ」の名は、葉が細長い樫の木という意味で、葉は大振りで細長く幹はスラリと真っ直ぐに伸び、表面がなめらかなのが特徴です。 この「ハナガカシ」はツクバネガシが変化したもので、この木が誕生した地域は宮崎県南部の内陸部といわれ、世界でも日本だけにある珍しい木です。

現在の生育地は、九州や四国の一部に見られますが、この福瀬神社境内に成育している「ハナガカシ」は樹齢300年と推定されており、根回り9m60cm、胸高幹回り5m30cm、樹高40mで最大の巨樹です。 と言うことは日本一であり、世界最大の木であり、学術的にも大変貴重なものといわれております。


フォトギャラリー


地図