有栖川征討総督宮殿下御本営跡【県指定遺跡】 [詳細案内] | 一般社団法人 日向市観光協会  
観光地一覧へ戻る

有栖川征討総督宮殿下御本営跡【県指定遺跡】

 明治10年(1877)の西南戦争は、市内にも戦火をもたらした。当時の細島は、官軍の拠点となっており、軍艦が入港して、兵士を戦場に送りこんでいた。
 同年7月14日から、8月20日にかけては、江戸時代からの伝統をもつ老舗「摂津屋」に官軍の征討本営が置かれ、旧四親王家のひとつであった有栖川宮熾仁親王が滞在されている。  
 
 摂津屋は、当時の面影を伝える重厚な厨子二階・平入の建物で、商業関係の古文書を数多く残しており、親王の揮毫による「凛冽萬古存」の扁額や、愛用の高下駄、「征討本営」の看板なども保存している。

※有栖川宮熾仁親王は幕末から明治の動乱期に生きた皇族、政治家、軍人。あの有名な五箇条の御誓文を揮毫されたほどの書道の達人でもありました。


フォトギャラリー


地図