美々津重要伝統的建造物群保存地区

高鍋秋月藩の港町として栄えた美々津は、風光明媚な町並みが印象的。特に立縫地区は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、廻船問屋が軒を連ねた江戸末期頃の面影が今も色濃く残っています。
レトロな雰囲気が漂う町並みには、古民家を改築したカフェやゲストハウスなどがあり、当時を偲ばせるさまざまなアイテムが訪れる人々の郷愁を誘います。

また、この地はのちに初代天皇となるカムヤマトイワレヒコノミコト(神武天皇)が東へ向けてお舟出したという伝承が残っており、日向神話の舞台でもあります。

日向style 日向style